「切らないたるみ治療」の種類や方法・特徴を徹底比較。最強のたるみ治療は一体どれ!?

TOP » 切らないリフトアップ10選!施術カタログ » ウルトラセルとは?

ウルトラセルとは?

サーマクールをしのぐリフトアップ効果が得られると話題のウルトラセル。施術の特徴やシワ・たるみに働きかけるメカニズムをまとめました。

ウルトラセルは、HIFU(高密度焦点式超音波)とGFR(高周波RG)、SRR(ラジオ波)の3つのレーザー治療を1台でこなす、次世代型のたるみ治療です。皮膚の表皮・真皮層・SMAS筋膜を一気に引き締め、引きあげるため、たるみ治療の代名詞と言われるサーマクールの上位マシンとして評価されるようになってきました。

シワ・たるみ改善のメカニズム

ウルトラセルはHIFU(高密度焦点式超音波)・ GFR(高周波RG)・SRR(ラジオ波)の3つのレーザーを使い、肌に熱エネルギーを与えて、シワからたるみまでを改善させる治療です。

そのため、肌にメスを入れずに熱の影響のみを与えて、アンチエイジングを実現させることができます。

SRR(ラジオ波)の特徴

肌の表皮部分に作用するSRRは、高周波を細い電極から照射する方法で、肌の浅い部分に働きかける施術です。

表皮から真皮の上層部にかけて熱を与えてコラーゲン再生をうながし、肌のターンオーバーを促進させるので、肌への負担が非常に少ない治療となっているのが特徴です。肌にダメージを与えない施術のため、目元の際まで安全に治療することが可能。目のちりめんジワなどの細かい部分にも対応できます。

肌の浅いところにコラーゲンが増えていくため、見た目を若返らせたい、肌にハリツヤを取り戻したいといったニーズに効果があります。

また、SRRには肌を引き締める効果もあるため、毛穴の開きや小じわなどにも有効です。ダウンタイムもほとんどなく、軽く赤みがさす程度で解消します。

(高周波RG)の特徴

肌の真皮部分に作用するGFRは、がん治療にも使われるラジオ高周波(RF)の熱エネルギーを真皮層に向かって照射して、コラーゲンの生成を促進します。格子状に照射するので表皮へのダメージを最小限に抑えることができる上に、効果的に肌に熱を加えることができます。

真皮層という、肌の深い部分への照射によって引き締め作用が始まるため、きめの整った若々しい肌がつくられます。表皮への照射だけでは難しいリフトアップや小顔を目指すことができます。

GFRもSRRと同様にダウンタイムがほとんどなく、多少の熱を感じる程度で施術が完了します。

HIFU(高密度焦点式超音波)の特徴

HIFUについては、皮下4.5mmの深さにあるSMAS筋膜(表在性筋膜)のみに範囲を限定して熱を加えることが可能な施術です。肌がたるむ直接の原因を加熱し、収縮させることで、コラーゲンの産生をうながして皮膚を引き締めます。

真皮層皮下組織の筋肉に超音波を照射して点状の熱を与えることで、照射部位に熱による細胞損傷が起きます。損傷部位への治癒が始まると、ゆるんでしまっていた筋膜が縮んで、肌のリフトアップ効果が得られます。

ウルトラセルの特徴

GFRによる真皮層のみの引き締め効果ではなく、さらに深い場所へのたるみ治療が可能であるため、SRRやGFRと併せて、トータルでたるみをケアするために効果的なアプローチが可能となっています。

HIFUもSRRやGFR同様に、照射時にちくちくとした痛みを感じるのみで、ダウンタイムはほとんど必要がありません。

これらの3つの異なるエネルギーを同時に肌に加えられるため、肌のすべての皮膚層とSMAS筋膜に働きかけながら、アンチエイジングを目指すことができます。特にGFRとHIFUを同時に併用することで、皮膚と筋膜を同時に収縮させて引き締め、従来のリフトアップの限界を超えた、最大限のアンチエイジング効果が得られます。

真皮上部からSMAS筋膜までのアプローチは「オール・レイヤード・セラピー」と呼ばれ、お肌のリフティング(引き上げ)とタイトニング(引き締め)を効果的に実現します。従来のように、肌の表面もしくは真皮層のみのリフトアップしか得られなかったところを、同時に引き締められるというのがウルトラセルならではのメリットと言えるでしょう。

ウルトラセルのマシン本体は、ハイパワーによって60度を超える凝固エリアを形成します。さらに高品質のカートリッジと、施術時に扱いやすいハンドピースを採用し、確実に狙った部分に照射が行えるように工夫されています。

施術の痛みやダウンタイム

ウルトラセルと似たウルセラは施術時に痛みを伴いますが、ウルトラセルは痛みがかなり改善されたマシンなので麻酔を使わずに施術ができます。もちろん、HIFUは肌の深部に照射するのでまったくの無痛とはいきませんが、痛くてギブアップしてしまうことはないようです。

治療後に赤みが出ることがありますが、2~3時間ほどで消失することが多く、ダウンタイムはほとんどありません。体への負担が軽いため、ほかの治療との併用もできます。

ウルトラセルの効果

施術で期待できる効果をまとめました。

ウルトラセルの口コミ・体験談

痛みや効果の現れ方など、実際に治療を受けた方の感想を集めました。

ウルトラセルを東京で受けたい人にオススメのクリニック

ウルトラセルの治療で定評のある都内の美容外科・美容皮膚科をご紹介します。

今すぐたるみを
取りたい人へ!
3大たるみ治療を簡単比較!
サーマクール
機器の周波数の種類
  • 高周波(RF)




解決できるお悩み
シワ・たるみ


肌のどの層まで届くか
  • 肌の中層
    (皮下組織・真皮層)



効果持続期間
半年~1年

受けられるのはココ!

コーラルビューティークリニック
コーラルビューティークリニック公式HPキャプチャ画像 引用元:
https://www.coral-beauty.jp/

サーマクールは、高周波によってシワ・たるみを改善する施術です。持続時間が長いので、効果をしっかりと感じることができます。

コーラルビューティークリニック
の無料カウンセリング
を受ける

ウルトラセル
機器の周波数の種類
  • 高密度焦点式超音波(HIFU)
  • RF高周波(GFR)
  • レーザー(SRR)
解決できるお悩み
リフトアップ・ハリ・ほうれい線・小顔・毛穴・シワ・引き締め・ツヤ・美肌
肌のどの層まで届くか
  • 肌の一番深い層(HIFU)
  • 肌の中層(GFR)
  • 肌の浅層(SRR)
効果持続期間
半年~1年(HIFU)

受けられるのはココ!

表参道スキンクリニック
表参道スキンクリニック公式HPキャプチャ画像 引用元:
https://omotesando-skin.jp/

ウルトラセルは、肌のたるみやシワの改善、リフトアップまであらゆる施術に対応しています。

表参道スキンケアクリニック
の無料カウンセリング
を受ける

タイタン
機器の周波数の種類
  • 赤外線




解決できるお悩み
ハリ・たるみ・シワ


肌のどの層まで届くか
  • 肌の浅い層~中層
    (皮下組織・真皮層・表層)


効果持続期間
2~4ヶ月

受けられるのはココ!

メディアージュクリニック青山
メディアージュクリニック青山公式HPキャプチャ画像 引用元:
http://www.mediage.co.jp/

タイタンは、痛みが少ない分、他の施術より効果は小さいですが、はじめての人でも安心して受けられます。

メディアージュクリニック青山
の無料カウンセリング
を受ける

サイトマップ