「切らないたるみ治療」の種類や方法・特徴を徹底比較。最強のたるみ治療は一体どれ!?

TOP » 切らないリフトアップ10選!施術カタログ » ウルセラとは?

ウルセラとは?

切らないリフトアップ治療の中でも特に効果が高いと言われるウルセラ。マシンの特徴やシワやたるみに作用するメカニズムを分かりやすくご紹介します。

ウルセラは、メスを使わずたるみを改善することを目的に、イスラエルで開発された美肌治療器です。

たるみ治療器の王様と呼ばれるサーマクールは皮膚の中層である真皮層をターゲットにしますが、ウルセラは超音波の力によって真皮層からさらに深い層にあるSMAS筋膜にまで熱エネルギーを届けることを可能にしています。表情を作る土台となるSMAS筋膜に直接作用するため、より高いリフトアップ効果が期待できるのが最大の長所です。

ウルセラはFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の認可を受けている治療で、安全性も認められています。また、2013年には、米国の美容雑誌「NEW BEAUTY」において「年間最優秀クリニック治療」を獲得したこともあり、美容先進国のアメリカではリフトアップ治療のスタンダードとなりつつあります。

シワ・たるみ改善のメカニズム

ウルセラは、皮膚の真皮層から皮下脂肪、筋肉まで幅広い層にアプローチできるため、たるみ・シワを多角的に改善できるのが魅力です。従来のたるみ治療器では届かなかったSMAS筋膜に熱エネルギーを届けることで、緩んだ表情筋を直接引き締め、その上の層にある皮膚や脂肪層を引き上げていきます。また、サーマクールと同様にコラーゲンやエラスチンなどの美肌成分の産生も促されるため、長期的な持続効果も期待できます。

施術の痛みやダウンタイム

ウルセラは皮膚の深部に熱を届ける施術なので、痛みを伴います。麻酔を使わずに治療する人がほとんどですが、痛みに弱い人は麻酔クリームをつけてから施術を受けることも可能です。

メスや針を使わない施術なのでダウンタイムはほとんどありませんが、なかには腫れや赤みが1週間程度続く人もいます。皮膚下の深い層にダメージを与え、創傷作用によって若返りを取り戻す施術法なので、治療後のスキンケアには気を配りましょう。

ウルセラを使った施術例

ウルセラは顔から首にかけて、たるみやシワの解消に効果が期待できる施術です。皮膚の表面から深部までトータルで働きかけるため、安全かつ確実なリフトアップ&タイトニング効果が期待できます。[1]

ウルセラは人間の肌がもつダメージ修復力をうながし、それによりアンチエイジング効果を目指す治療です。自分ではケアしきれない「目元」「アゴ」をはじめ、顔全体から首にかけての広い範囲について、一度の治療で高いリフトアップ効果が期待できます。

年齢によるたるみが現れやすい「頬」については、表在性筋膜に働きかけて、深部から収縮作用をもたらすため、リフトアップ効果が期待できます。

頬が年齢とともに下に下がってくると、フェイスラインが広がって輪郭にもたつきが生じます。人によっては見た目年齢に大きく影響する場合もあります。

ウルセラは照射部分全体を筋膜から引き締めて引き上げるため、頬そのものへのリフトアップはもちろん、ほうれい線を目立たなくする効果やたるみの引き締めによる小顔効果が期待できます。

頬全体にもたつきが出ている方の場合、ウルセラを受けるだけですぐに顔が引き締まっているのが確認できます。

アゴ~首

次に気になるのが、「アゴ」「首」のたるみ。こちらも年齢に応じてたるみが生じやすく、太っている人やアゴに脂肪がついている人の場合、余計に目立ってきてしまう部位です。

ダイエットなどでもなかなか引き締めるのが難しい部位ですが、ウルセラは皮膚の奥までエネルギーを届けるため深部から引き締めを行います。頬と同様、アゴについてもリフトアップ効果により、すっきりと引き締まって見えるようになります。

アゴや首だけの施術でも高い効果が期待できますし、アゴから顔に近い部分に照射すればフェイスラインが引き締まってきゅっと上がって見えるので、たるみによるもたつきを解消することができます。

フェイスライン

頬のように、年齢に応じてたるみやシワが出やすい「フェイスライン」についても、ウルセラを使った治療が可能です。

フェイスラインが崩れる原因の多くは加齢によるものと言われていますが、生活習慣によっては若い人でもフェイスラインが崩れる可能性があります。

アンチエイジングやもたつきの解消には、皮膚をしっかりと引き上げてたるみを解消するウルセラが効果的です。

目元

加齢に応じてだんだんとシワやたるみが目立つようになる場所が「目元」です。

ウルセラ治療は、目の下などにできるたるみについても、しっかりと引き上げて若々しい目元をつくる効果を与えます。

目の下には眼窩脂肪が存在していますが、ウルセラを照射することによって皮膚が深部から引き上げられるため、脂肪と皮膚によるたるみが改善されます。

おでこ

深いシワが刻まれやすいおでこについては、たるみよりもシワの改善や解消にウルセラが使用されるケースが多くみられます。

特に表情シワなどについては、ものをじっと見つめるような動作によって簡単にシワが刻まれてしまいますが、ウルセラを照射することによって額が引きあがり、シワが目立たなくなります。

ヒアルロン酸などの注射治療と併用することでさらに目立たなくなりますが、ウルセラの照射だけでも高い効果が実感しやすくなっています。

口元

顔にたるみが出ていると、上からの重力で一緒にたるんでしまいがちになる部分が「口元」です。

頬からくるたるみのせいで、口角が下がってしまったり、元気のない印象になることもあります。

ウルセラを頬から口元にかけて照射すると、マリオネットラインと呼ばれる唇からアゴにかけての線が解消され、肌の奥の筋膜から引き締め効果を得ることができます。

口元のみの施術では効果が薄いため、頬やフェイスラインなど顔全体への照射を含めることが、口元の若返りのポイントになります。

[1]出典: Ultherapy:HOW IT WORKS

ウルセラの効果

施術で期待できる効果をまとめました。

ウルセラの口コミ・体験談

痛みや効果の現れ方など、実際に治療を受けた方の感想を集めました。 

ウルセラを東京で受けたい人にオススメのクリニック

ウルセラの治療で定評のある都内の美容外科・美容皮膚科をご紹介します。

今すぐたるみを
取りたい人へ!
3大たるみ治療を簡単比較!
サーマクール
機器の周波数の種類
  • 高周波(RF)




解決できるお悩み
シワ・たるみ


肌のどの層まで届くか
  • 肌の中層
    (皮下組織・真皮層)



効果持続期間
半年~1年

受けられるのはココ!

コーラルビューティークリニック
コーラルビューティークリニック公式HPキャプチャ画像 引用元:
https://www.coral-beauty.jp/

サーマクールは、高周波によってシワ・たるみを改善する施術です。持続時間が長いので、効果をしっかりと感じることができます。

コーラルビューティークリニック
の無料カウンセリング
を受ける

ウルトラセル
機器の周波数の種類
  • 高密度焦点式超音波(HIFU)
  • RF高周波(GFR)
  • レーザー(SRR)
解決できるお悩み
リフトアップ・ハリ・ほうれい線・小顔・毛穴・シワ・引き締め・ツヤ・美肌
肌のどの層まで届くか
  • 肌の一番深い層(HIFU)
  • 肌の中層(GFR)
  • 肌の浅層(SRR)
効果持続期間
半年~1年(HIFU)

受けられるのはココ!

表参道スキンクリニック
表参道スキンクリニック公式HPキャプチャ画像 引用元:
https://omotesando-skin.jp/

ウルトラセルは、肌のたるみやシワの改善、リフトアップまであらゆる施術に対応しています。

表参道スキンケアクリニック
の無料カウンセリング
を受ける

タイタン
機器の周波数の種類
  • 赤外線




解決できるお悩み
ハリ・たるみ・シワ


肌のどの層まで届くか
  • 肌の浅い層~中層
    (皮下組織・真皮層・表層)


効果持続期間
2~4ヶ月

受けられるのはココ!

メディアージュクリニック青山
メディアージュクリニック青山公式HPキャプチャ画像 引用元:
http://www.mediage.co.jp/

タイタンは、痛みが少ない分、他の施術より効果は小さいですが、はじめての人でも安心して受けられます。

メディアージュクリニック青山
の無料カウンセリング
を受ける

サイトマップ