切らないたるみ治療の頂上決戦!

「切らないたるみ治療」の種類や方法・特徴を徹底比較。最強のたるみ治療は一体どれ!?

TOP » 切らないリフトアップ10選!施術カタログ » テノールとは? » テノールの効果は?

テノールの効果は?

痛みのないアンチエイジング法として人気を集めるテノール。シワ・たるみにはどのような効果が期待できるのかを調査しました。効果が現れる時期や持続期間をご覧ください。

テノールは高周波(RF波)を肌の中層にある真皮層に届けることで肌の若返りを目指す治療です。熱の作用によって真皮層にあるコラーゲンやエスチンを収縮、増産させ、肌を根本から蘇らせることができます。

サーマクールやウルトラセルのような高出力ではないため、進行したシワやたるみの改善効果は劣りますが、たるみと繋がるむくみの改善や、肌のハリ感アップでは高い満足度を得ています。

テノールは低出力の高周波を真皮層に与えるため、肌への負担を最小限に留めることができます。一方で、1回の施術で得られる効果も低いため、複数回の施術がセットになっていることが多いです。一般的には1ヶ月に3~5回くらい治療をすれば、その後は長期に渡ってリフトアップ効果が得られると言われています。

適応できる部分

テノールは顔全体に照射が可能です。熱感はありますがほとんど痛みはないため、目のまわりなどのデリケートな部分のケアにも適しています。

一般的に美容においての治療は、安全性が確かなものしか使われていません。テノールもその1つで、高周波治療として安全性が確かであることを試したうえで、治療に使われています。テノールを含め、改善治療の仕組みをご紹介します。

シワの改善治療の1つとして,機器を用いた治療が簡便で安全性も高いため大きな支持を得ている.いずれの機器においても,ラジオ波,近赤外線,レーザーなどのエネルギー源を使って真皮内部に局所的に熱を発生させ,その生体反応により老化したコラーゲンに熱収縮・熱凝固を起こし,線維芽細胞が活性化して創傷治癒機転,再構築が誘動できると考えられている.1回の施術による効果は短期で局所的なものとなるが,定期的,継続的に施術することにより,小ジワ~中等度のシワであれば改善が期待できる.

出典:新・皮膚科セミナリウム 美容皮膚を日常診療に活かそう―特にシワについて―
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dermatol/126/11/126_2077/_article/-char/ja/

とのこと。高周波も熱を起こすことは同様となっているため、高周波を使った部分のシワを改善する効果は十分あります。美容において、高周波を顔に使用することも可能です。

ダウンタイム

術後の腫れや赤みのリスクが少ないこともテノールのメリットです。照射後に赤みが出ることがありますが、1時間程度で自然に消失していきます。メイク、洗髪、洗顔は当日から可能ですが、詳細は医師に確認しましょう。

テノールのダウンタイムは、施術に対する多少の反応です。数日間は外出もできないほど赤くなったりする治療は、今の時代やはり受け入れがたいですよね。

今の高周波はすごく進化をしています。施術当日からメイクができる、外出もできるのが今や当たり前となっています。

特に制限もなく、洗顔やメイク、シャワーや入浴、運動もその日からOKという自由ぶり。何も我慢しなくていい治療、それがテノールです。その理由はテノールの原理にもあります。

水の分子を振動させることで、皮下脂肪まで加熱、収縮するという仕組みでタンパク変性があるため、コラーゲンが再構築され、さらにリンパや血液の流れも良くなるという治療だからです。特別なことが行われるわけではなく、体に負担をかけることはありません。

とはいえ、最初にお話ししたように、あまり無理をせずに過ごすことをおすすめします。どれだけ負担が少ないとはいえ、いつもとは違うことが体に起こっていることは事実です。

施術を受けた当日だけは、どうやって過ごすべきなのか医師にしっかりと確認しておくといいでしょう。

効果が感じられる時期

テノールはサーマクールやタイタンなどのマシンに比べると表面的な効果が劣るため、1回の治療では「なんとなく違うかも」というくらいの変化が感じられるくらいです。3回、4回と続けるうちに「顔がシャープになってきた」「ハリが出てきた」「顔の血色がよくなった」などの効果を実感できるようになります。

なんとなく地味な治療ですが、続けるほどに若返りを実感できることもあり、美肌マニアの間では根強い人気を得ています。

即効性がある治療のほうがいいという人にとっては、時間がかかってからしか効果が出てくれないテノールはじれったいかもしれません。治療を受けてすぐに効果が出る方法があれば、そっちのほうがいいと感じてしまいますよね。

しかし、どんな治療であっても継続は大切。即効性がある治療法もあるとはいえ、やはり何回か続けることでさらなる効果が得られる治療がほとんどです。肌への効果として感じられるのは、コラーゲンへの働きかけです。

テノールによって皮下組織に熱が発生すると、その刺激でコラーゲン線維が温まって引き締まります。そして、その熱が繊維芽細胞と呼ばれる細胞を活性化することで、コラーゲンが増加。新陳代謝が高まります。これはヒートショックプロテインという方法です。

もちろんそれだけではなく、脂肪やセルライトで固くなってしまった皮下組織を温め、リンパや血液を流れやすくするのもテノールの効果。老廃物が流れるため、むくみがちだった顔の引き締めも実感できるでしょう。

テノールはあくまで肌を自然と内側からリフトアップさせていく、という意味合いが強い治療法となっているため、やはり即効性はあまり期待できません。

でも、ちゃんと続ければ効果が出ます。即効性よりもじわじわ感じられる効果を楽しみに治療を続けていきましょう。

効果の持続期間

効果の持続期間は個人差がありますが、1回の治療で2週間~1ヶ月程度と言われています。

テノールのデメリット

テノールは安価で手軽に治療が受けられますが、劇的なリフトアップ効果が得られるような治療ではありません。美肌の基礎力はアップできますが、シワ・たるみを解消するならサーマクールやウルトラリフトなどのたるみ治療をローテーションに組むことをおすすめします。

また、定期的な通院が必要になるので忙しい方は自宅や職場の近くなど、隙間時間に通えるようなクリニックを選ばないと継続は難しいかもしれません。

今すぐたるみを
取りたい人へ!
3大たるみ治療を簡単比較!
サーマクール
機器の周波数の種類
  • 高周波(RF)




解決できるお悩み
シワ・たるみ


肌のどの層まで届くか
  • 肌の中層
    (皮下組織・真皮層)



効果持続期間
半年~1年

受けられるのはココ!

コーラルビューティークリニック
コーラルビューティークリニック公式HPキャプチャ画像 引用元:
https://www.coral-beauty.jp/

サーマクールは、高周波によってシワ・たるみを改善する施術です。持続時間が長いので、効果をしっかりと感じることができます。

コーラルビューティークリニック
の無料カウンセリング
を受ける

ウルトラセル
機器の周波数の種類
  • 高密度焦点式超音波(HIFU)
  • RF高周波(GFR)
  • レーザー(SRR)
解決できるお悩み
リフトアップ・ハリ・ほうれい線・小顔・毛穴・シワ・引き締め・ツヤ・美肌
肌のどの層まで届くか
  • 肌の一番深い層(HIFU)
  • 肌の中層(GFR)
  • 肌の浅層(SRR)
効果持続期間
半年~1年(HIFU)

受けられるのはココ!

表参道スキンクリニック
表参道スキンクリニック公式HPキャプチャ画像 引用元:
https://omotesando-skin.jp/

ウルトラセルは、肌のたるみやシワの改善、リフトアップまであらゆる施術に対応しています。

表参道スキンケアクリニック
の無料カウンセリング
を受ける

タイタン
機器の周波数の種類
  • 赤外線




解決できるお悩み
ハリ・たるみ・シワ


肌のどの層まで届くか
  • 肌の浅い層~中層
    (皮下組織・真皮層・表層)


効果持続期間
2~4ヶ月

受けられるのはココ!

メディアージュクリニック青山
メディアージュクリニック青山公式HPキャプチャ画像 引用元:
http://www.mediage.co.jp/

タイタンは、痛みが少ない分、他の施術より効果は小さいですが、はじめての人でも安心して受けられます。

メディアージュクリニック青山
の無料カウンセリング
を受ける

サイトマップ