「切らないたるみ治療」の種類や方法・特徴を徹底比較。最強のたるみ治療は一体どれ!?

TOP » 切らないリフトアップ10選!施術カタログ » ヒアルロン酸注入とは?

ヒアルロン酸注入とは?

プチ整形の代表格として、圧倒的な人気を誇るヒアルロン酸注入。シワ・たるみにはどれほどの効果があるのか、ダウンタイムはどれくらいなのか、気になるポイントを解説します。

ヒアルロン酸注入は、保湿力に優れるヒアルロン酸をジェル状にし、注射によって気になる部分に注入する治療。日本では1990年代後半から盛んになり、シワやたるみの治療をすぐさま解消できる美容施術として一気に人気が広がりました。

シワ・たるみ改善のメカニズム

ヒアルロン酸はもともと人の体内にある成分で保水量に優れていますが、20歳をピークにその数は加齢にともない失われていきます。そのため、シワやたるみが徐々に目立ってくるようになります。赤ちゃんの肌はヒアルロン酸がたっぷり含まれているのでプルプルですが、40代を過ぎると量は激減し、自然に量が増えることはありません。

加齢によってできたシワにヒアルロン酸を注入すると、体内のヒアルロン酸と融合して、皮膚の内側から膨らみを持たせることができます。ヒアルロン酸注入は注入剤を入れた直後に作用するため即効性があり、その後はしばらくそのままの形を維持できるのが特徴です。

例えば、眉間のシワやほうれい線などのシワを改善できるほか、鼻筋を通したり、顎のラインを整えたりすることも可能です。

施術の痛みやダウンタイム

注入針をさすときに痛みがあるためクリーム麻酔を塗布。人によって感じ方は違いますが、麻酔をしても鈍い痛みや注入剤を入れる感覚があるようです。針を注入するときに毛細血管が傷つくと内出血やあざができることもあり、頻度は低いですが内出血の量が多いと顔が腫れてしまう例もあります。内出血がひくまでには1週間程度かかりますが、コンシーラーで隠せる程度です。

また、非常に稀ですがヒアルロン酸が血管内に入ると血流障害が起こり、組織が壊死する可能性があります。ヒアルロン酸注入は適切な量が注入されていなかったり、肌にしっかり浸透しないとボコボコとした仕上がりになることもあります。万が一、失敗した場合はヒアルロン酸の分解注射をすれば注入前の状態に戻せますが、痛みも手間もかかります。安心して治療を受けるためにも、クリニックは慎重に選びましょう。

ヒアルロン酸注入の費用

ヒアルロン酸注入は、シワやくぼみを一時的に目立たなくさせてくれる施術です。 注入する部位に応じて注入量が変わりますが、1ccが基本の単位であり、注入部位をどの程度膨らませたいかによって、また注入部位の凹み具合などによって量が変動します。

1本あたりの金額はおよそ2万円~8万円前後(使用する薬剤によって価格が変わります)となりますが、トータルで何cc注入するかによって、1ccあたりの金額を掛けあわせて1回の費用を算出します。 目元+ほうれい線+それ以外のシワなど、注入したい場所が数ヶ所ある場合には、1cc×それぞれの部位の注入量を算出して、それぞれを足し合わせて合計額を求めます。

目元にできる小ジワ、軽いくぼみなどの比較的浅いシワやくぼみについては、1cc程度の注入でも目立たなくさせることができます。

ほうれい線や首もとにできる深いシワなどについては、2cc以上の注入が理想的で、特にほうれい線について顔の右と左で左右差が出ている場合には、右だけ2cc、左は3ccというように、注入量が変わる場合があります。 どこにどれだけの量を注入するかは、シワの範囲や深さなどの程度にもよりますので、まずは医師の診察を受けて、予算内に収まるように注入を行うのが理想的です。

ヒアルロン酸注入のリスク

ヒアルロン酸はもともと人間の体の中に存在している成分なので、注入によってアレルギー反応を起こしたり、皮膚が腫れるといった心配はありません。 ヒアルロン酸にはいくつかの種類があり、価格や注入に適した部位などが異なりますが、いずれも安全性が保証されている薬剤ですので安全に使用することができます。

ただしヒアルロン酸は、体内に注入してから3ヶ月~半年程度で消失してしまうという特徴があります。一度注入してから半永久的に残り続けるものではなく、だんだんと体の中に吸収されて排出されてしまいます。

そのため、注入直後はシワやくぼみが目立たなくなりなめらかな仕上がりになりますが、3ヶ月程度が経過すると元の状態に少しずつ近づいていきます。 半永久的な効果を求める場合は、定期的に注入を行う必要があります。

シワが深い場所には1cc以上のヒアルロン酸注入が適していますが、長期的にみるとコストがかかったり、少しずつ元の見た目に戻っていくリスクが考えられます。 その場合は医師と話し合って別の方法を検討するなどして対処するか、定期的にヒアルロン酸注入に訪れるかを検討する必要があります。

フェイスリフトなど、物理的にシワを目立たなくさせる手術を行う方法もありますが、手術にも何らかのリスクがともなう可能性があります。事前に医師とよく相談のうえで決定することをおすすめします。

部位別ヒアルロン酸注入の効果

ヒアルロン酸は顔のほぼすべての場所に注入することができます。 ほほの場合、ほうれい線などのシワやくぼみなどに注入することで均一な整った見た目に仕上がります。

目の下やまぶたなどの目元については、涙袋の形成、小ジワを目立たなくさせる効果、薄い部分を厚く仕上げることによって大人っぽい表情をつくりだすなど、目元ならではの効果が得られます。第一印象が変わるような仕上がりを期待することもできます。 口元の場合、ほほから口角にかけてヒアルロン酸を注入することで若々しい見た目に仕上がるほか、唇にできるシワをヒアルロン酸で消すこともできます。

年齢とともに刻まれてしまった深いシワについても、ヒアルロン酸の注入によって凹凸を減らし、平らでなめらかな見た目に仕上げることが可能です。 その他、おでこや首などにできる加齢ジワについても、ヒアルロン酸の注入で若々しく、見た目に違和感のない仕上がりを期待することができます。

ヒアルロン酸注入の効果

施術で期待できる効果をまとめました。

ヒアルロン酸注入の口コミ・体験談

痛みや効果の現れ方など、実際に治療を受けた方の感想を集めました。

ヒアルロン酸注入を東京で受けたい人にオススメのクリニック

ヒアルロン酸注入の治療で定評のある都内の美容外科・美容皮膚科をご紹介します。

今すぐたるみを
取りたい人へ!
3大たるみ治療を簡単比較!
サーマクール
機器の周波数の種類
  • 高周波(RF)




解決できるお悩み
シワ・たるみ


肌のどの層まで届くか
  • 肌の中層
    (皮下組織・真皮層)



効果持続期間
半年~1年

受けられるのはココ!

コーラルビューティークリニック
コーラルビューティークリニック公式HPキャプチャ画像 引用元:
https://www.coral-beauty.jp/

サーマクールは、高周波によってシワ・たるみを改善する施術です。持続時間が長いので、効果をしっかりと感じることができます。

コーラルビューティークリニック
の無料カウンセリング
を受ける

ウルトラセル
機器の周波数の種類
  • 高密度焦点式超音波(HIFU)
  • RF高周波(GFR)
  • レーザー(SRR)
解決できるお悩み
リフトアップ・ハリ・ほうれい線・小顔・毛穴・シワ・引き締め・ツヤ・美肌
肌のどの層まで届くか
  • 肌の一番深い層(HIFU)
  • 肌の中層(GFR)
  • 肌の浅層(SRR)
効果持続期間
半年~1年(HIFU)

受けられるのはココ!

表参道スキンクリニック
表参道スキンクリニック公式HPキャプチャ画像 引用元:
https://omotesando-skin.jp/

ウルトラセルは、肌のたるみやシワの改善、リフトアップまであらゆる施術に対応しています。

表参道スキンケアクリニック
の無料カウンセリング
を受ける

タイタン
機器の周波数の種類
  • 赤外線




解決できるお悩み
ハリ・たるみ・シワ


肌のどの層まで届くか
  • 肌の浅い層~中層
    (皮下組織・真皮層・表層)


効果持続期間
2~4ヶ月

受けられるのはココ!

メディアージュクリニック青山
メディアージュクリニック青山公式HPキャプチャ画像 引用元:
http://www.mediage.co.jp/

タイタンは、痛みが少ない分、他の施術より効果は小さいですが、はじめての人でも安心して受けられます。

メディアージュクリニック青山
の無料カウンセリング
を受ける

サイトマップ